知ってた?賃貸オフィスのメリット・デメリット

賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットとして挙げられるのが、初期費用を抑えられる点です。会社を経営するとなると、業務に必要なPCや事務用品の購入、宣伝広告など、さまざまな費用が発生します。起業したばかりだと予算も少なく、できることに限りがあることでしょう。賃貸オフィスであれば、業務をおこなう上で必要な場所、設備類を借りることができるため、費用を抑えながら会社を始めることができます。購入するよりも費用が安く済むため、これから起業しようとする人にも最適です。また、賃貸であるため、オフィスの移転がしやすい点もメリットです。事業拡大によるオフィス移転や拡張がしやすく、業績に合わせた柔軟な対応をすることもできます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスは、毎月家賃の支払いが発生します。使用している限りは、毎月家賃が請求されるため、必ず支払わなくてはいけません。賃貸であることから、自社の資産として残すことができない点も考慮する必要があります。すぐに入居することができない点もデメリットです。物件探しや審査などに時間がかかり、すぐにでも事業を始めたい人には向いていません。また、賃貸オフィスは、利用時間や通信回線などに制限が設けられていることも多いです。必要な設備や会議室などを増やそうとしても、契約上の制限から不可能なこともあります。自社に合った環境で使うために、どんな制限があるのかを事前に確認しておくことが大切です。オフィスを移転するときには、移転に伴う費用が発生することも覚えておきましょう。

港区内には、新橋・六本木・青山など多くのビジネス街があります。また、多くの鉄道の駅があるので交通の便が優れています。そのため、港区で賃貸事務所を借りることは、事業に良い環境を整えることができます。