注文住宅を建てる際に考慮したい点とはなにか

土地探しから始めるには立地を考えよう

土地を所有しているのであれば、そこに上物を建てれば住宅は完成します。しかし、土地探しから始めるのであれば、立地を考慮した土地探しが重要になります。人気のある場所であると、土地が割高になりますので、できればその近辺の土地を狙いたいものです。そのような土地であれば、比較的割安に購入できます。例えば、東京であれば新宿駅や、池袋駅近辺の土地はとても高くて手が出せませんが、その駅から二つか三つくらい離れた駅の近辺の土地を探してみます。すると意外と手の届く値段の土地に巡り合えるかもしれません。

家の間取りも重視しよう

昭和の時代に建設された家では、2DKや3DKなどの間取りの家が目立ちました。しかし、現代ではあまりそのような間取りは流行りません。2LDKや3LDKなどの間取りのほうが現代的といえるでしょう。しかしそのような間取りも時がたてば、時代遅れになる可能性もあります。そうなった時のために、将来的に間取りを変更できるような設計にしておくのも便利です。

木造や鉄筋、鉄骨などいろいろな素材がある

日本の一般的な住宅は木造が多いですが、他にも鉄筋コンクリートや鉄骨造りでも建設することが出来ます。鉄骨であれば重量鉄骨や軽量鉄骨などがあり、それぞれ建設費用が異なります。費用の高い順で並べてみると、鉄筋コンクリートが一番高く、次に重量鉄骨と続き、木造と軽量鉄骨の費用は同じくらいになります。ただし依頼する建設会社によって坪単価が異なるので、建てる前に費用がどのくらいになるか計算しておくほうがよいでしょう。

神奈川の注文住宅を建てるときには、設計士と細かい部分まで話し合い、内容を書面に残すことにより失敗が防げます。